素朴な疑問1:英会話にいくらお金をかければいいの?
   素朴な疑問2:英語の勉強は一体何年やればいいの?
 
  "Speed Learning", the English language product of choice for the world-renowned Ryo Ishikawa.

    カタカナ英語のような発音に悩んでいる方は最初にお読みください : 田尻式 英語発音克服法(全4回)
    airw.netからご訪問の方へ : スピードラーニングの弱点とは?

    人気記事 crown1.pngビクトリアス 主題歌   crown2.pngテキストダウンロード   crown3.pngスピードラーニング1巻 スクリプト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の近道

1月になると、英語教材を扱っている各社が
こぞって広告を出しますよね。
どこも力を入れて、宣伝をしています。
だから「どの教材がいいんだろう!?」ってなってしまいます^^;

どの教材がいいのか迷ってしまう方、
目標を見失っている可能性があります。
何がゴールなのか分からないから
あらゆる広告の文句に魅かれてしまうのです。

いったん、教材選びから離れて、
「自分はどのようになりたいのか?」を
じっくりと考えてみるといいと思います。
それをやらないで、適当に教材を選んで
適当に購入してしまうと、ほとんど手付かずで
終わってしまうでしょうから・・・



NTT東日本 広告 / k14



英語を習得するとき、「近道したい!」と思ったりしませんか?
1~2ヶ月で、英語を話せるようになりたい♪
こんな感じで。

その前に、よく考えてみてください。
そもそも近道なんてあるのでしょうか?
もし、近道が存在するのであれば
英語を学ぼうとするみんながやっているでしょう。
そして、みんなが英語に不自由しなくなっているはずです。

でも、そんな話を聞いたことはありませんよね?
ということは、近道なんてないんです。
やはり1年2年といった長期の時間を
投資するつもりでいないと
あなたはどの教材を選んでも挫折してしまうでしょう。
なぜならば、広告につられてふらふら・・・と
自分に合わない教材を買ってしまうからです。

以前、スピードラーニングの新聞広告を見ましたが
社長の大谷氏が「スピードラーニングは、1年は聞いてください」と
紙面で述べていました。
それくらいの期間はかかるものなのです。
それを知っているか知らないか・・・
後で大きく差が開いてきますよ、絶対に^^


スピードラーニング公式サイト:

スピードラーニング英語

スピードラーニング・ジュニア




記事が役に立った!という場合は、応援クリックをお願いします(*´▽`*)凸

 英語学習ランキング  ←英語学習者が選ぶ人気NO.1サイトはコレ!

 FC2ブログランキング
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
スピードラーニング 公式サイト
試聴の申込みはこちら>>
 スピードラーニング英語
 スピードラーニング・ジュニア

当ブログでは、
 ・スピードラーニング 効果的な使い方
 ・実際どのようにして聴いていたか
などを紹介しています。

これから、スピードラーニングを始めようとしている方、始めてから3ヶ月以内の方の参考になれば幸いです^^

 ・スピードラーニングを見学する
 ↓無料ダウンロード♪
 ・オトナの聞きながシート

購入前に絶対に読んでいただきたいのが「返品」についての記事です。

 ・スピードラーニング返品の経緯
お役立ち情報
最も効率の悪いやり方とは!?

スピードラーニング・ジュニア 体験談
user's voice ★★★


バイリンガルスタッフはどんな人!?

キング・オブ・英語教材
ランキングに参加しています
応援クリックよろしくお願いします!

英語学習ランキング
人気の英語学習サイト TOP10

当ブログの見所
blogram投票ボタン

<%plugin_first_description2>
検索フォーム
プロフィール

noguchi

Author:noguchi
浦和明の星女子高等学校卒業
立教大学理学部数学科卒業
・・・の元SE(システムエンジニア)。英語は大の苦手科目です。

中学のときは、英語が大好きでしたが、高校入学と同時に超苦手科目に転落しました。英語の成績は5段階評価のうちの3。ミッション系で英語教育に力を入れている我が母校の場合、3は平均ではなく、はっきりいって落ちこぼれです^^;;;

続きを読む

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。